ピージーについて

経営理念

医療の全てにデザインを。ヘルスケア企業にCDO(Chief Design Officer:デザイン最高責任者)を。
 Pgは、Practical【実用的、実践的】、Productive【生産的】であるgraphic【グラフィックデザイン、図案、情報設計】という意味です。「医療に従事する」デザイン会社、そしてクライアントの為のデザイン・パートナーとして、目の前のあらゆる課題をデザインにおいて解決すること。実践的であること。コストに見合う対価を提供すること。お役に立てそうなことがあれば、予算がかけられない案件から気軽にお問い合わせください。

icon-caret-rightデザインはeasy peasy & take it easy

 easy peasy(イージーピージー)とは英語の慣用句で、「とっても簡単」や「非常に単純」という意味です。複雑かつ間違いが許されない情報ほどシンプルに見せなければ、多くの人に正確かつ素早くコンセプトを伝えることはできません。
 「実用的」「生産的」であるデザインとは、ユーザーにとって「とっても簡単かつ単純なもの」なのです。複雑な情報でも直感的に理解しやすい構造をもたせることはできます。難しく困難なことを、驚くほど簡単かつ単純に。子供にも伝わるわかりやすさを目指します(だからこそ困難なときもtake it easyで。大丈夫、きっと何とかなります)。
 

事業内容

①デザインの定義②サービスの領域
 ピージーは、医療分野を専門としたデザイン+コンサルティング会社です。ピージーにおけるデザインとは、より原義的な意味での情報の「設計」を指し、それに付随するディレクションとプロデュース業務全般をコンサルティングと定義しています。
 世界有数の製薬会社が扱う医療用医薬品のプロモーションに携わるデザインから医学書・医療従事者向け専門誌のアートディレクション、地域に根ざしたクリニックやスタートアップ企業のブランディングまで、デザインのアイディアと発想力を基礎としてコンセプトから携わり、ウェブ・映像など含めて医療情報を複合的に設計・編集することで、正確かつわかりやすく伝えます
 ピージーは医療情報をデザインの観点からトータルコーディネイトいたします。
 高度な専門性が求められる医療用医薬品の広告とブランディング、コミュニケーション・デザインのほか、患者・医家向けの情報発信全般の他、クライアントは医学系出版社、病院・クリニック、教育機関の産学連携センターなど多岐にわたります。
 例えば、名刺や封筒などのステーショナリーや広告、ウェブ、空間など総合的にコンセプトを踏まえて考えたいとお考えの際には、是非ご相談ください。または、「どこから手をつけたらよいのかわからない」といったお話も歓迎です。もちろん、ホームページやリーフレットのみなど単一の案件からでもご相談いただければ幸いです。

役員略歴

川名 紀義 代表取締役 
デザインディレクター/情報設計・編集者

Noriyoshi Kawana, CEO, Design Director
 1977年、東京・浅草生まれ。大学卒業後、営業職として商社に勤務し、流通の仕組みを理解した後、モノづくりにコンセプトから携わるためグラフィックデザイナーを志す。
 フランス・Publicis Groupeのヘルスケア・エージェンシーPHCGの日本法人パブシリス ライフ ブランズ メディカスにて、グローバルな医療用医薬品の広告とコミュニケーションにデザイナー、アートディレクターとして従事。2011年独立、Pgを設立。
 グラフィックデザインの原義的な意味としての「図案と情報設計」、文化的な趣味に依存しない実用・実学としてのデザインをコンセプトに、医療分野専門としたデザインとクリエイティブコンサルティングを行う。
 地域医療編集室/地域医療ジャーナルにて『インフォグラフィックのコツ』連載。宣伝会議コピーライター養成講座、アートディレクター養成講座(ARTS)修了。元・公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会正会員(〜2017)。icon-facebook-square icon-twitter-square icon-instagram (photo by Hayato Wakabayashi)
 
大谷 貴崇 取締役 
コンテンツディレクター/薬剤師・メディカルライター

Yoshitaka Otani, COO, Content Director / Pharmacist & Medical Writer
北海道生まれ北海道育ち。調剤薬局薬剤師として務めた後に、医療系広告代理店の株式会社インフロントにメディカルプランナーとして従事。
メディカルライター・WEBマーケッターとして独立後、Pgに参画、企画立案やコンテンツ制作を行う。 (photo by Hayato Wakabayashi)